お家の水まわりのトラブル解決します!当サイトでは、快適なバスタイムを過ごすためのアドバイスを掲載しています。 お風呂の種類やオススメの床タイルのお得な購入方法等、浴槽リフォームの際に役立つ情報をお届けします。 快適なお風呂で健康に!長寿のお祝いにも浴槽のリフォームがオススメですよ♪

News

2012年03月04日  人生の一大イベント!結婚披露宴とは
2012年03月04日  ラッキーなお祝い?『喜寿祝い』
2012年03月04日  長寿を祝おう♪『還暦』とは
2012年01月26日  洗面化粧台のタイプ解説
2012年01月26日  歯科専門職について

Recommend


お風呂の種類

お風呂は、温浴のためや、漆器に塗った漆を乾燥させるために、専用の部屋や室を蒸気などで満たした設備のことです。また、水または温泉や水を沸かした湯を満たして人が浸かる浴槽や浴室・湯屋・湯殿、熱源からの遠赤外線を利用した、水を使用しない砂風呂や岩盤風呂などの温浴もあります。数々あるお風呂の種類からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

【岩風呂】
岩風呂(いわぶろ)は、主に日本の瀬戸内海など海岸地帯にあった蒸し風呂です。天然の石窟などの岩穴の中で、火を焚いて熱します。適当な温度になったところで灰の上に海藻や海水で濡らした莚(むしろ)を引き、その上に人が横たわる形で入浴をします。

【釜風呂】
釜風呂(かまぶろ)は、主に日本列島の内陸部で広まった蒸し風呂です。特に京都の八瀬の竈風呂が代表的です。岩で直径2m程度のドーム型に組んだ下側に小さな入口がある構成となっています。最初にドーム内で火を焚き熱し、加熱後に換気を行います。その後、塩水で濡らした莚を引いて、その上に人が横たわる形で入浴をします。

【五右衛門風呂】
右衛門風呂(ごえもんぶろ)は、鋳鉄製の風呂桶に直火で暖めた湯に入浴するタイプ。風呂桶の底部は高温になっていて、直接触れると火傷するため木製の底板の踏み板や下駄を湯桶に沈めて湯浴みします。厳密には、全部鉄でできているものは「長州風呂」と呼び、五右衛門風呂はふちが木桶で底のみ鉄のものを指します。厚い鋳鉄製のため、比較的高い保温力が期待できます。名前の由来は、安土桃山時代の盗賊石川五右衛門が京都の三条河原で釜茹での刑に処せられたところからと言われています。『東海道中膝栗毛』(十返舎一九作)で主人公の1人である喜多八が、小田原宿の五右衛門風呂で雪隠下駄を履いたまま入浴し、底を踏み抜く話でも有名です。

【ドラム缶風呂】
ドラム缶風呂(どらむかんぶろ)は、空いたドラム缶を廃品利用して風呂として使用したもので、五右衛門風呂の亜種です。石を積んで作った釜の上に置いたドラム缶に水を満たし、底部を釜の火で熱してお湯にします。入浴は五右衛門風呂と同様に、木の蓋を踏んで入るか、あるいは下駄を履いて入るかです。第二次世界大戦中、戦地でよく作られ、戦後も簡易な風呂として内風呂のない家庭も多かった昭和40年代頃までは一般家庭でもしばしば行われていました。現在でも、ボーイスカウトや子供会などの行事、あるいは宿泊施設の娯楽として野外でドラム缶風呂に入浴できるようなドラム缶加工品が市販されています。

浴室リフォームのヒント

バスルームは、あなたの家をリフォームする時に最も重要といっても良い箇所です。あなたの設備投資が無駄になることはありません!その投資であなたの浴槽は理想的なバスルームへと変身することができるのです。

あなたがリフォームをする際に、覚えていて欲しいヒントは以下のとおりです。

◯あなたは最初に予算額を確保しておく必要があります。この予算をオーバーしないように、すべての措置を講じてください。あなたが何をリフォームしたいか、大まかな見積もりがある場合、このプロセスは決して難しいことではありません。あなたが支出が多すぎると感じたときには、先に進む前にこのプロセスをチェックするようにしてください。

◯あなたはリフォームの確実な計画することが大事です。プロセス間で手探りを避けるために、十分に計画を練る必要があります。準備の計画が整わなければ、全てにおいて計画が完了するまではもう少し待機をお勧めします。

◯ご自身で行うことができるものがたくさんある場合は、それをするために誰か業者を雇わずに、自分自身でこれらの作業を実施することをお薦めします。これは非常に大きな節約となります。

◯いずれにしてもプロが必要と思う箇所がある場合、知っている業者に頼むことが重要となります。それは使用する材料などで、請負業者は法外な値段であなたをだまし取るようなことがあるからです。その点には十分に注意してください。できればインターネット等を使用し、ご自身の目で金額を確認することができればそれが最善の方法といえると思います。

以上の点に注意してリフォームをエンジョイしてください!